うつ病にはいくつかの種類があります|それぞれに最適な治療方法

女性看護師

タイプによる症状の違い

カウンセリング治療

大うつ性や気分変調性など

うつ病は三大精神病のひとつとして精神障害者保健福祉手帳の交付を受けられる病気ですが、近年日常的にストレスにさいなまれている人が多いためか、この病気の患者はどんどん増えている状況となっています。うつ病といっても症状のわかりやすいものからわかりにくいものまで、いくつかの種類があります。最も基本となる種類の疾患の正式名称は大うつ病性障害といいます。これは物事に対して関心や楽しみ・喜びを感じられなくなり、気分がひどく沈み込むという症状が特徴的なものです。一方、気分変調性障害は大うつ病性障害よりもうつの程度は軽いとされていますが、うつ状態は長く続くという特徴を持っています。最近では、大うつ病性障害と気分変調性障害のふたつの種類のうつ病を統合して持続性抑うつ障害と呼ぶ場合もあります。大うつ病性障害と同じく、三大精神病のひとつに数えられるものに双極性障害があります。この病気ではうつ状態と躁状態とが繰り返されるという特徴があります。この病気もうつ病のひとつの種類として取り扱われることがあります。

双極性障害との相違点

双極性障害もうつ病の一種類として考えられる場合もありますが、大うつ病性障害と双極性障害とでは質的に異なる点があります。それは、大うつ病性障害の方が現代人にとってより親和性の高い病気だということです。双極性障害は遺伝との関わりが指摘されている病気で、うつ病ほど日常よく耳にする病気ではないといえます。双極性障害には脳の神経伝達物質の分泌が大きな影響を与えているといわれています。そして症状の現れ方も特異なもので、躁状態のときとうつ状態のときとではまるで別人のようだといわれています。それと比べるとうつ病の軽症の場合には、健康な人が落ち込んだりふさぎ込んだりしている状態と見分けがつきにくいこともあります。中には仮面うつ病といって精神面では特に異常といえるほどの症状が現れない種類のものも見られます。この場合には心というより身体の方に目立った症状が出るのが特徴です。さらに、最近ではディスチミア親和型など、これまでの分類にはなかった種類の新しいうつ病も見られるようになってきています。